花粉症による肌荒れとは

2019年08月15日
きれいな目を持っている女性

春が近づき始めると花粉症に悩む人も多く出てきます。
花粉症の症状として鼻がむずむずする、目がかゆいなどを思い浮かべる人も多いです。
しかし、とあるメーカーの調査で女性の9割近くが花粉症による肌荒れに悩んでいるという結果が出ています。
花粉症によって体がアレルギー反応を起こして目をこすったり、一日中鼻をかむなどの摩擦行為によって肌に負担がかかっています。
また、花粉症の季節である春は気温や湿度が変化しやすい時期であるために肌のバリア機能が低下してお肌により肌荒れが起こしやすくなってしまっています。
花粉症による肌荒れを予防するには外出時にはマスクやサングラスをして花粉に触れないようにすることです。
マスクは鼻や口などに花粉を入らないようにするだけでなく顔の皮膚に花粉が付かないようにしてくれます。
サングラスを着用することにより目の周りの皮膚を保護してくれます。
お肌が荒れているときは化粧を避けがちになります。
しかし適度に化粧することにより顔の皮膚が保護されることになります。
適度なベースメークはお肌に直接花粉や空気に触れることを防止してくれます。
クリームやリキッドタイプのような油分が多いので花粉が付きやすくなります。
パウダータイプで化粧すると花粉が付きにくくなります。